助産師より「あかねの毎日」師長 小澤照美【病棟だより】

病棟だより

病棟の夜は落ち着いていたかな、
昨日の産婦様は無事に産まれたかしら、
ママや赤ちゃんたちは良く眠れたかしら・・・
少子化の現代においても、毎日産婦人科では
赤ちゃんが産まれています。
妊娠・出産に関して今は、たくさんの選択も
出来るようになってきました。
子宮の中の赤ちゃんの様子や性別も
わかるようになりました。
陣痛のつらさをコントロールする
方法もあります。
でも、変わらないのは、
ママの想い
『何もかもが不安です。』
仕事のこと、
お腹が張ること、
産まれてからも、
オムツ換えや授乳も、
おっぱいは出てる?
これでいいのかな。
赤ちゃんは何で泣いているの?
ママとしてやっていけるかしら ・・・
あかねでは、妊娠を機にもっとママ自身を
大切にしてほしいと願っています。
食事・栄養のことや、変化する身体を整えること、
出産までの過程(時間)を大切にしてください。
ママも赤ちゃんと同じ一年生なのですから
ゆっくり、母親になっていきましょう。